[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

よくあるご質問

βラクトリンの特徴

  1. βラクトリンとは何ですか?

    βラクトリンシリーズに含まれる乳由来ペプチド「βラクトリン」は、加齢に伴って低下する記憶力(手がかりをもとに思い出す力)を維持する、乳由来の機能性食品素材です。
    (協和発酵バイオのβラクトリンには、注意力を維持する機能も含まれます。)
    食領域を中心に「脳の健康」を守り、新たなよろこびを生み出す「キリン脳研究」から生まれました。

  2. どのような機能がありますか?

    βラクトリンには、加齢に伴って低下する記憶力を維持する機能があることが報告されています。(協和発酵バイオのβラクトリンには、注意力を維持する機能も含まれます。)
    詳しくは「βラクトリンの作用メカニズム」をご覧ください。

  3. βラクトリンはどのように作用するのですか?

    βラクトリンは、脳の神経細胞に作用してドーパミンを増加させることで、神経細胞の働きを活性化させます。
    詳しくは「βラクトリンとは」をご覧ください。

  4. どの程度の期間、飲み続ければ効果が現われますか?

    50歳~75歳のもの忘れやうっかりミスの多さを自覚する健常な男女を対象とした試験において、12週目に記憶力(手がかりをもとに思い出す力)を維持することが認められました。

    対象と方法:もの忘れやうっかりミスを自覚する50歳~75歳の健常な男女114名を対象に、βラクトリンを含むサプリメントを摂取するβラクトリン群とプラセボ群に57名ずつ無作為に割り付けた。βラクトリンまたはプラセボを12週間摂取させ、0週目、6週目、12週目に神経心理学的検査を用いて認知機能の変化を評価した。
    選択理由:研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な1報を事例として提示しています。なお、本製品を用いた臨床試験ではありません。
    出典:Kita M, et al. Front Neurosci. 2019 Apr 24; 13: 399.

βラクトリンの飲み方

  1. いつ飲めばいいですか?

    食品ですので、いつ飲んでいただいても構いません。
    朝食などの生活習慣に合わせて、毎日同じタイミングで飲んでいただくと長く続けやすいです。

  2. βラクトリンのドリンクとサプリメントを一緒に飲んでも大丈夫ですか?

    一緒に飲んだからといって、効果が高まるものではありません。
    1日の摂取目安量を守ってお召し上がりください。

  3. 薬や他のサプリメントと一緒に飲んでも大丈夫ですか?

    基本的に問題ありません。
    薬を服用している場合には、医師または薬剤師にご相談ください。

  4. 毎日飲み続けても問題ないですか?

    毎日飲み続けていただいて、問題ありません。
    なお、効果を検証した試験において、βラクトリンに起因する有害事象は認められませんでした。

  5. 食事と一緒に飲んでも問題ないですか?

    問題ありません。

アレルギー、その他

  1. 乳製品アレルギーがあるのですが、飲めますか?

    「βラクトリン」は乳由来の成分ですので、乳製品にアレルギーのある方はご遠慮ください。

  2. 妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫ですか?

    妊娠及び授乳中の方にもお召し上がりいただけますが、
    機能性表示食品は、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)
    及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
    ご心配な方は医師または薬剤師にご相談ください。

  3. 子供が飲んでも大丈夫ですか?

    お子様にもお召し上がりいただけますが、
    機能性表示食品は、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)
    及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。

ページトップへ

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ